サイトオプションにおける改良点・修正点について

メニューを表示させる階層を指定可能に

サイトオプション

前作AQUASでは一階層目のページ(トップページの直下にあるページ)のみがメニュー上に表示される仕様でしたが、サイトオプションで設定を行う事で、二階層目、三階層目のページもメニュー上に表示させる事ができるようになりました。

 

記事数が多く、構成が複雑なサイトを作る際にユーザビリティーが向上します。

 

 

背景画像を指定可能に

サイトオプションの「デザイン設定」の項目で背景画像を使用できるようになりました。
サイトのデザインをガラッと変えたい場合に効果的です。

 

サイトオプション

 

背景色を変更可能に

サイトオプションの「デザイン設定」の項目で背景色を使用できるようになりました。
「背景画像」と同じく、サイトのデザインをガラッと変えたい場合に効果的です。

 

サイトオプション

 

ヘッダーテキストや説明文を非表示に出来るように

ヘッダーテキストや、ページ説明文を非表示にできるようになりました。
ヘッダー画像作成機能で作成した、『テキスト入りのヘッダー画像』を使用する場合などにご利用ください。

サイトオプション

 

スタイルシートでテキストを消す方法と、HTMLテンプレート上からテキストを消す方法の2種類があります。
現時点ではどちらを選択しても問題ありませんが、今後の検索エンジンの動向次第では、
『スタイルシートで消す方法』がスパムとして判断されてしまう可能性もありますのでご注意下さい。
特別な事情がない限りは、推奨の『HTMLから削除』を選択することをオススメします。

 

サイトマップページの生成を指定可能に

サイトオプション

サイト内のすべてのページへリンクを張った『サイトマップページ』を自動生成する事ができるようになりました。ページ数が多いサイトでも、検索エンジンのクローラーを効率的に巡回させることができます。なお、サイトマップページを生成したくない場合は設定を一箇所変更するだけでOKです。

 

 

「サイトマップ」と「サイトマップページ」は異なるものなのでご注意下さい。
「サイトマップページ」とは、サイト内の全ページへのリンクを掲載したエントリーページのことを指します。

 

ヘッダーテキストや説明文の文字色が変更可能に

サイトオプション

サイトオプションの「デザイン設定」の項目で、ヘッダーテキストや説明文部分の文字色を変更できるようになりました。ヘッダー画像の色に合わせて、ヘッダー部分のテキストの文字色をお好みに調整する事ができます。

 

(上級者向け)サイトURLを「wwwあり・なし」で統一できるように

サイトオプション

301リダイレクトを使用し、サイトのURLを統一する事ができるようになりました。
たとえば、「wwwあり」で統一した場合、「 http://example.com/ 」というアドレスにアクセスしてきたユーザーを「 http://www.example.com 」というアドレスに転送する事が可能です。

 

この機能では「.htaccess」を使用しているため、ほとんどの無料サーバーではご利用いただく事ができません。
必ず.htaccessが使用できるレンタルサーバーをご利用ください。

 

更新履歴の詳細な設定が可能に

サイトオプション

トップページに表示される更新履歴の設定が詳細にできるようになりました。
先頭に表示される日付の設定や、更新履歴を何件表示させるかなど、より細かな設定を行う事ができます。

 

表示件数を0にすると更新履歴が表示されなくなります。
更新履歴をサイト上に表示したくない場合にご利用下さい。

 

その他の修正点

ヘッダーテキストの位置を指定可能に
ヘッダーテキストや説明文の文字サイズを指定可能に
エントリーリストの表示・非表示を選択可能に

 


SIRIUS販売ページへ 主な機能一覧 前作からの改良点 ライセンスについて 購入前のお問い合わせ