記事の編集画面における改良点・修正点について

記事編集画面でHTMLタグを色付けするように変更

テキストエディタや、市販のサイト作成ソフト(Dreamweaver等)と同様に、
HTMLタグが色付けされるようになりました。

 

これにより、記事の編集や文字装飾が格段にやりやすくなっています。
なお、設定次第でAQUASと同じようにHTMLタグを色付けしない状態にする事も可能です。

記事の編集画面

 


記事の編集がしやすいように記事領域を拡大

前作AQUASでは、1つの画面上に複数の記事パネルがあったため、
記事の編集領域が狭く、文字数の多い記事が扱いづらい面がありました。

 

そこでSIRIUSでは、記事の編集領域を大きく広げることで、
文字数の多い記事でも簡単に編集できるように改良しています。

記事の編集画面

 


記事パネルの選択がワンタッチで可能に

記事パネルをタブで分割する事で、特定の記事を選択しやすいように改良しました。
特定の記事パネルを使用する特殊なテンプレートも扱いやすくなっています。

記事の編集画面

 


ツールバーを大幅強化

ツールバーの表示位置を記事の上部に移動し、さらに機能を大幅に強化しました。
これまでの文字装飾はもちろん、 「ボックス」「画像付きボックス」「ポイント」「ランキング」といった多くの文字装飾ボタンが追加されており、より内容が充実したサイトを作成する事ができるようになっています。

記事の編集画面

ボックス挿入

指定された文字列を枠で囲みます。
特定のコンテンツを目立たせたい場合に使用します。

サンプルです。
画像付きボックスの挿入

指定された文字列を画像付きの枠で囲みます。
注意書きなどを目立たせたい場合に使用します。

サンプルです。
サンプルです。

ポイントの挿入

ポイント付きの見出しを挿入します。
ユーザーに注目させたい箇所で使用します。

サンプルです
ランキングの挿入

ランキング付きの見出しを挿入します。
ランキング形式のページを作る場合に使用します。

サンプルです
水平線の挿入

水平線を挿入します。
コンテンツを線で区切りたい場合に使用します。

 

引用文の挿入
引用文を挿入します。他サイトのコンテンツなどを引用する場合に使用します。

サンプルです。

文字サイズの指定

文字のサイズを指定します。
文字列を大きく(または小さく)したい場合に使用します。

サンプルです。

マージンの指定
マージン(余白)を指定します。指定したコンテンツの余白を調整したい場合に使用します。

サンプルです。

スーパーコメントアウト

指定した文字列をコメントアウトしたい場合に使用します。SIRIUSの編集画面上ではコメントアウトのタグが表示された状態になりますが、サイトの生成を行うと、コメントアウト内の文字列も削除されます。

 

<-- ★サンプルです(サイト上には表示されない)★ -->

クラスの指定機能

自作したスタイルを使用したい場合に使用します。
この機能は、テンプレートをカスタマイズする上級者向けの機能となっているため、クラスを設定するまでは装飾ボタンが表示されない仕様になっています。

 


 

カスタム文字装飾(ユーザー定義文字装飾)ボタンが10個まで設定可能に

挿入するタグを自分で設定する事ができる『カスタム文字装飾ボタン』を、
最大で10個まで設定できるように改良しました。

 

デフォルトでは6個までの表示となっていますが、
7個目以降の装飾ボタンを設定する事で、最大10個まで自由に設定できるようになっています。

記事の編集画面

 


色の選択画面を大幅強化

文字色を変更する際の『色の選択画面』を大幅に強化しました。
デフォルトの色選択を大幅に追加し、よく使用する色や自分で作成した色も保存できるようになっています。

記事の編集画面

 


記事スタイルを大幅に追加

記事の編集画面

特定の記事目立たせるのに便利なスタイルを大幅に追加しました。通常の枠線から、注目度を高める事のできる飾り枠まで、多数の記事スタイルが追加されていますので、より見栄えの良いページが作成できます。

 


リンク挿入機能を強化

記事の編集画面

リンク挿入機能に、SIRIUSで作成した他のサイトを選択できる「外部サイト」ボタンと、「NoFollow属性」を付けるオプションを追加しました。これにより、より柔軟にリンクを設定する事が可能となっています。

 


記事置換機能の強化

記事の編集画面

記事置換機能に、『全ページの記事を置換』というオプションを追加しました。
サイト内にあるすべての記事を対象に置換を行えるので、アフィリエイトリンクの書き換えなど、全ページの記事を一気に置換したい場合に非常に便利になっています。

全ページの記事を対象にした場合、置換と同時に記事が保存される仕様となっていますので、
活用する際は間違えのないようにご注意ください。。

 


記事の文字数をカウントする機能を追加

メイン画面の右下に、現在編集中の記事の文字数をカウントする機能を追加しました。
記事の大まかな文字数をチェックするのに便利な機能となっています。

記事の編集画面

 


現在選択されているページのファイル名を表示する機能を追加

記事の編集画面

メイン画面の右下に、現在編集中のページのファイル名を表示するボタンを追加しました。どのファイルを編集しているか分からなくなってしまった場合でも、すぐに確認することができます。

 

 


画像のコピー&ペースト機能を追加

記事の編集画面

他の画像編集ソフトで編集している画像を、ワンタッチで挿入できる機能を追加しました。記事編集領域に、画像データをコピー&ペーストするだけで、簡単に画像を追加する事ができます。

 

『図解マニュアル』のように大量の画像を扱うサイトも極めて効率的に作成できるようになっていますので、積極的に画像を使用してみてください。

 


その他の細かい修正点

文字装飾を行った後に、文字が選択されたままの状態になるように変更
記事の上下移動が可能に
20件以上の記事を開いても重くなりすぎないように改良


SIRIUS販売ページへ 主な機能一覧 前作からの改良点 ライセンスについて 購入前のお問い合わせ