前作からの全体的な改良点・修正点について

インターフェイスを大幅に改善

大幅な機能追加・強化に伴い、インターフェイスを大幅に強化しました。
昨今のOffice製品でも使用されている「リボンバー」を採用し、
使用したい機能がすぐに見つかる操作画面となっています。

全体的な改良点

 

サブカテゴリーを作成可能に

全体的な改良点

AQUASでは[トップページ]-[カテゴリー]-[エントリー]という3階層のサイト構成までしか対応していませんでしたが、SIRIUSではカテゴリー下にサブカテゴリーが作成できるようになり、4階層の構成でサイトを作成できるようになりました。

 

これにより、数百ページを超えるような大規模なサイトを作成する事も容易になり、活用の幅が大きく広がっています。

 

 


ページの移動処理を大幅改善

全体的な改良点

AQUASでは、ドラッグ&ドロップによるページの順番移動にクセがあり、なかなか思った場所に移動できないという声がありました。しかしSIRIUSではこの処理を大幅に改善し、より分かりやすい形でページを移動できるようになっています。

 

 


「公開設定」の設定によって、サイト構成画面の色が変更されるように

全体的な改良点

エントリーページの「公開設定」や「出力先」の設定により、ページの色を変更するように修正しました。

 

『どのページが非公開になっているか』『どのページが携帯サイトのみのページか』などの情報が視覚的に分かるようになり、より効率的にサイトを作成する事が可能となっています。

 

 


モジュールの作成上限を無制限に

全体的な改良点

指定したコンテンツを複数のページで使用するのに便利な「モジュール機能」ですが、AQUASでは3つのモジュールまでしか作成する事ができず、利用用途が制限されてしまうという欠点がありました。

 

そこでSIRIUSではモジュール数の制限をなくし、お好みで何個でも設定できるようになりました。また、モジュールのインポートやエクスポートにも対応し、複数のサイトで同じモジュールを使い回すことも簡単にできるようになっています。

 

 

各種ショートカットキーを実装

全体的な改良点

SIRIUSでは、特定のキーを押す事で各種機能を利用する事ができる『ショートカットキー』に対応しています。

 

例えば記事の置換であれば「Ctrlキー + Fキー」、プレビューであれば「F12キー」といったように、よく利用する機能をキーボードの操作のみで起動させる事が可能です。このショートカットキーを上手に活用することで、作業効率が飛躍的に向上し、より快適な操作が行えます。


SIRIUS販売ページへ 主な機能一覧 前作からの改良点 ライセンスについて 購入前のお問い合わせ